FC2ブログ

外またペンギン歩き始めました

先週からわたくし
つま先を外に向ける外またペンギン歩きを始めました。
というのも…



先日助産師さんに、私の身体がダメダメだと言われたという話にチラッと触れました。

私の身体は、赤ちゃんのときに
・たくさんおんぶされた、もしくは、布団の上に放置された
・両手をついたハイハイを十分にしなかった
ことにより出来上がった典型的な悪しき骨格らしいです。

最近、転んだときに手をつけないとか、転びやすいとか、疲れやすい子どもが増えてるっていいますよね。
私はこの典型らしいです。

まず、背中のS字カーブがなく背骨がまっすぐ。
子どもの頃からブリッジ、側転が出来たことが1度もなく、でんぐり返しもどたん!ばたん!とぎこちなく、背中は丸くなりません。
からだの重み支えるカーブがないため、体は重みや衝撃に弱く、自分の頭すら支えることが出来ていないため筋肉が緊張して凝り固まり、普通の人よりもはるかに疲れやすく、同じ姿勢を維持することが出来ません。


道理で、
両足ともに極度の扁平足、
小学校のときから病的な肩こりでランドセルも背負えず病院通い、
低学年の頃は通学中ほぼ毎日転んで膝を擦りむきまくったためにいまも膝がきたない、
中高は指定カバンが重たくて持てず、サブカバンで通学して先生に怒られる、
教科書は重たすぎて必要ページを切り取ってホチキス止めして持ち歩き、
椅子に長時間落ち着いて座れなくて受験生なのに1日30分も机で勉強できず、
テストは早く終わったら見直しをせずに疲れて机につっぷし、
マラソンなど持久力系のスポーツはものすごく苦手、
…などなど
エピソードはきりがないです。

社会人になってからは
ジムに通ったり、ヨガをやったり、それなりに努力したけど普通の人よりはいつも具合が悪かった。

これまでずっと、
自分はとんでもなく集中力と根性がない人間だと思っていました。
でも、ちがった!!!!!
このからだのせいだったのです~_| ̄|○
むしろ今までの人生、この身体でよく普通の人と同じ舞台で人生歩んできたよ。自分を褒めたい…



わたくし、上半身はガリガリ、下半身デブなのですが、
ハイハイできちんと上半身を鍛えなかったために筋肉がなく、下半身の筋肉で無理やり支えようとしているみたいです。
背骨が重みを分散できないので骨盤に負担がかかり骨盤は開きっぱなし。
胸に筋力がないので内臓を支えられず、緩んだ骨盤の間に内臓が落ちている。
そしてからだの不具合は限りなく多くなる…

悲しすぎますけどね、
もう開き直って、がんばってできるところまで良くします!




先週、昔お世話になった茅ヶ崎の有名整体師さんのところに10年ぶりに行ってきました。
私の尾てい骨を触るなり
「全然だめだね。話にならない!建物で言うとね、土台も建屋も崩壊寸前。よく出産できたね~普通なら帝王切開だよ」
と。

はいはい、もういくらでもボロクソいってください。
ちなみに吸引分娩だったから、自分で産めたとは言えませんね。

すこし骨の調整をしてもらったうえで、骨盤を締める歩き方を教わりました。
私の、ねじれまくってる足の骨格の場合、つま先を前に向けて歩くと骨がくの字に曲がるので力がきちんと働かないしお尻に力が全く入らないので骨盤を支える筋肉がつかないそうです。
どうしたらいいかというと、
つま先をかなり外に向けて歩くといい!と。

ペンギンみたいで不恰好だけど
やってみたら驚きの安定感。
いつもの歩き方だと、ちょっとど突かれただけで倒れそうだけど
ペンギン歩きすると突然のだるまさんが転んだ!でもピタッと止まれる安定感があります。



31年間、超不安定な歩き方をしていたことに気がつきました。


普通の人はこんな風に歩いてるんですね。
知らなかった(T_T)


これからは、格好悪くてもペンギン歩き!
がんばります。
スポンサーサイト



プロフィール

chakurabee

Author:chakurabee
けいこさん

東京でのサラリーウーマン生活、そして山梨&長野での山修行を終えて、夫の転勤で2年ごとに引っ越す生活。今は小田原で産まれたての娘の育児に奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR