FC2ブログ

21日目 ちびっこだらけの自然体験会

本日は、県内の別の市の行政が主催する自然体験会に
M部長が日帰り出張で行かれるということで
同行させてもらいました。

普段は中学生以上の年齢向けのプログラムが多いのですが、
今回はゴールデンウィークのプログラムということで
全員が親子連れ。
下は2歳の子から小学5年生までの子どもと
そのパパ&ママ向けに行いました。

一番のヒットは草笛。
みんな必死で練習してます。


自然を使ってかるたやクイズをしたり、
はっぱを使ったじゃんけんをしたり、
自然の葉で匂い袋を作ったり、
子どもも大人も一緒に遊んで
とっても楽しかった。

地元の子が多く、
自然とのなじみが多い子がほとんどだったけど
プログラム開始直後と終了では
明らかに自然を見る目が養われていて
子どもの感性が開くって本当に素晴らしい!と感動。

ちびっこたちに癒された一日でした。
花を見つけるたびに必ず立ち止まるマイペースな2歳の女の子には
なかなか手を焼きましたが(笑)
スポンサーサイト



風の力であそぼう

ゴールデンウイーク2日目、
いつも人っ子一人歩いていないはずのポール・ラッシュ通りに
たくさんの人が歩いてました。

駐車場も車がいーーっぱい!

たくさんのお客さんが
大自然を満喫しに来ています。


普段みかけない白馬がお目見えしてるのも
ゴールデンウイークならでは。

お食事に夢中で、カメラ目線はいただけません…
今日はお休みだけど、
ふれあいセンターの気になるプログラム
「光と風と遊ぼう」
に補佐として参加。

風の力を感じる時間では
笹の枝と折り紙で風車を作りました。

ちびっこたちが草原をかけまわるかけまわる!

あまりの可愛い姿に癒されました

ほかにも、目を閉じて太陽の熱や森の音を感じたりして
子供達の感性が開いたことでしょう。

20日目 モミの葉の香り

気持ちの良い朝。
緑が日に日に濃くなっていきます。


「ニラ?」と思っていた葉からも
きれいにスイセンが開花。


そして、ゴールデンウイークということで
いつもがらんとしてた駐車場は
車でいっぱいになり、
名物の清泉寮ソフトクリームには行列ができてました。


本日は、「モミの葉の手づくりエアフレッシュナー」の担当でした。
たくさんの親子連れに、
モミの木の話、
心地よい香りと自然の中での木の香りの役割の話、
そして手づくり体験のお手伝い。
幼稚園児からマダムまで、
作ったエアフレッシュナーを持って
うれしそうに帰っていきました。

ちなみに、わたしのはこんなんです。


お客さんとモミの観察をするうちに
葉が新鮮なものは青臭く、
枯れかかったもののほうがやさしく甘い香りがすることを
発見しました!

先入観がないお客さんのほうが
小さな発見には敏感で、
教えることより教わることのほうが圧倒的に多いものです。

19日目 プロジェクト・アドベンチャー

高校一年生向けのプログラムの日。

学校からのオーダーのもと、
PA(プロジェクト・アドベンチャー)のプログラム。
コミュニケーションしながらお互いのことをより深く知ったり、
知恵を出して協力するアクティビティによって
チーム力を鍛える、
チームビルディング的な内容。

相手が思春期真っ只中で
「疲れた」「意味わかんない」
が口癖のお年ごろが相手だと
非常に難しいというのを痛感。
しかし、自分が15歳だった頃に比べたらみんなかわいいものです。

自分たちのチームが、
他チームより冷めていて雰囲気が良くないことを認識しながらも
なかなかうまく改善できない様子など見て
なんだか子供達が愛おしく感じました。

まだまだ見習いの身なもので
ファシリテーターとして働けるまでは長いけど
心に葛藤がある子たちを目の前にしたときに
少しでも救いになることができるようになりたいと
心底思いました。

がんばるぞ!


本日は北海道のおみやげで
とっても美味しいお菓子をいただきました。

ブラックサンダーって有名?


明日からゴールデンウイーク。
人通りもなければ車もほとんど走らないいつのも通勤道に
とんでもない交通渋滞ができるらしく
とても楽しみ。

18日目 野草茶を作る&飲む

昨日の分です。

某団体の野草茶づくりプログラムを担当。

春がき始めたとはいえまだ冬枯れの清里、
いったいどこにお茶にできる葉っぱがあるのか・・・と思っていたら

これを使いました↓


笹の葉です!

摘んできた葉っぱから
枯れた部分を除き、細かく刻む。


鍋で炒ってから煮出すと
お茶が完成。


作っている最中は
「葉っぱくさーい」と言っていた生徒たちも
出来上がりを飲んで「美味しい!」と喜んでいました。

「お茶ってこんなに手間がかかってるんですね」
と先生も生徒も、
お茶のありがたみ、植物のありがたみを
感じていました。

タンポポ、クローバーなど
本当に身近な植物でもできるみたい。

【お知らせ】「森のようちえん」 始まるそうです。


--------------------------------------------------------------------------------------
 ★「森のようちえん」について★
 日本では自然環境の中での幼児教育や保育を、森のようちえんと呼びそのスタイルは様々です。
 スタイルはいろいろありますが、共通しているのは自然の環境の中での幼児教育と保育です。
 そして多くの森のようちえんは、意図的に大人の考えや考え方を強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じ、
 そして引き出すようなかかわり方をしています。
  (WEBサイト「森のようちえん」から引用 http://www.morinoyouchien.org/modules/tinyd01/)
--------------------------------------------------------------------------------------


今年度の「キープ 森のようちえん」が始まるそうです。
★ここをクリック★

関東からだとちょっと距離ありますが、
親子でお泊り保育がてらの旅行にくる気分で
とっても楽しめると思います。


3~6歳の子どもが
自然というフィールドの中で
感覚や感性(レイチェルカーソンの言う「Sence of Wonder」)を
研ぎ澄ませて楽しむ。

成長過程ですごく大切なことだと思います。

小さいときに自然に親しみながら自分を表現するという経験は
大人になっても「感性の豊かさ」「心の豊かさ」に影響するんじゃないかな。


この事業、すごく興味があったのですが
こちらに来てみたら別部署の担当でした・・・
でも、絶対に見学させてもらおうと思います!

17日目 視点を変える

毎朝の通勤中、同じ個所から写真を撮っています。

4月上旬の風景↓


そして、本日の朝の風景↓


みるみるうちに緑が増えて
景色はパーっと明るくなってきました。

春ですね。

花も咲き、生き物たちも活発に動いています。


本日は、環境教育業界の超重鎮である川嶋さんのプログラムを体験。
「視点を変える」というテーマで
いろいろなアクティビティを体験しました。

視点を変えると、森が生き生きとして見えます。
例えば・・・

春のおとずれに喜ぶ木


強くりりしいまなざし


タツノオトシゴ!?


水墨画のような芸術が隠れていたりも


ちょっと視点を変えるだけで
物事は新しい表情を見せてくれる。

意識しないとできないことだけれど、
どんな立場の人にとっても、
新たな発見のきっかけです。

16日目 リスクマネジメント

リスクマネジメントについて一日がかりで学ぶ日。

先日の赤十字救急法は、救急車が来れたり助けてくれる人が側にいる
街中での救急法。
実際のアウトドアの現場では、
周りに人がいなかったり、
救急車が車でに何十分もかかったり、
救急車が来れない場所だったりするので、
事前にリスクをなくす努力や
いざという時に患者を救うことも
インタープリターの仕事です。

緊急自体に実際でくわすと、
当然本に書いてあるシチュエーションとは違う状況で
その場ですぐに判断を下していかなければならないというのが
本当に難しい。
対応力と、それ以上に判断力が求められます。

自分の中でいくつ適切な判断軸をもっておけるか。
これが勝負かなと思います。


リスクを考えながらトレイル散策をする時間に
巨大なキノコを発見!

「サルノコシカケ」
だそうです。

くんくん、確かにキノコくさい。


うらっかえすとこんな色。

モデルはおなじみ、屋久島出身のやっくんです。

浜松っ子になりました

三連休をいただき意気揚々と下界へ下りたのですが
なんと、風邪で体調が悪いまま怒涛の引越しをなんとかたえぬき
清里へ戻ってきました…

息つく間もないとはまさにこのこと。


三日間のできごとをカンタンにハイライトで↓

旦那さんの実家では
なんとも美味しいごはんをごちそうになり(毎度のことなんですが)
犬のノエルさんに遊んでいただき
いやされました♪

ノエルさん 一歳と四ヶ月


久しぶりに会うお兄ちゃんに大興奮!


こちらは、「ください」の動作。ちなみに左手で「バイバイ」もできるようになってました。

んー、なんともきゃわゆい


そして、本家を旦那さんの会社の社宅@浜松へ移し
浜松っ子になりました。
二人暮らしまではあと八ヶ月ありますが、
帰る家はこちらになります。

さっそく、静岡県民の食卓「さわやか」でハンバーグ!


続いて、浜松餃子デビュー

浜松は宇都宮よりも餃子の消費量が多いんだそうです。
すごい!

そして、本日清里まで車で送ってもらいました。
旦那さんにも、おなじみのカフェピアニッシモのランチを食べさせました。

相変わらず、お肉を使ってないとは思えないボリューム感~

そんなわけで、体調が悪いのに食べまくり
完全にお腹がやばいです。


教訓
「食い意地をはりすぎない」

この教訓、会社員時代からさっぱり活かせてません…トホホ

15日目 久しぶりに下界へ

ただいま、JRの小海線の中です。
小海線は日本初のハイブリッド車両らしいですよ!

車両数は二両。

今から、久方ぶりの下界、川崎にある旦那さんの実家へ…
入籍以来一度も会ってない旦那さまに会いつつ
浜松でのふたりの家に引越しをします!

旦那さんに会える
スーパーもある
コンビニもある
電気屋さんもある
食べ物屋さんもある
もう春がきてる
そんな下界に向けて
るんるんでーす


清里はまだ桜が咲いておらず、
東京では桜は終わっていると聞きます。
今年まだ一度も桜を見ていない私は
桜を見られるでしょうか。

清里仕様の厚着のまま向かいます!


ところで修行のほうは
昨日今日と集中スタッフトレーニングで
初めてのミニプログラムを考案して実習生どうしで体験し合うというのをやりました。

短い時間の中で
情報量、時間配分、メッセージ、場のデザイン、などなど
難しいけどすごく楽しく
前職の販促物企画と重なる部分も多々あります。

早く一人前になれるようにがんばるぞ!


でもまずは三日間、下界を楽しんできまーす

14日目 フットパス歩き

昨日の分です。

M部長に連れられて、地元のペンション組合のみなさんといっしょにフットパスをあるきました。

フットパスというのは、清里で歩くと楽しいハイキングロードのことで、現在16箇所くらい整備されているそうです。

地元のペンション組合のかたがたは、町おこしの一貫としてお客さんに楽しんでもらえる活動を増やすためにフットパスを使おうとしているらしく
まずは自分たちがたのしみながら歩こうということのようです。

五人のおじさまたちと歩きましたが、
皆さんキャラが濃い!

大きな一眼レフを下げて歩くかた、
歴史のことならなんでもしってるかた、
ブルーシートならぬ自然色シート(茶色がかったシートで、これをお花見に使うと桜がすごく綺麗に見えるらしいです)という、最新グッズをもって現れるかた、
マンホールが大好きで、横浜と横須賀のマンホールについて暑く語るかた、
そして清里の自然に詳しい我らが部長。

みなさんといると、人生の楽しみ方って本当にいろいろあるんだなぁと感じます。


みなさんの今の人生の楽しみ方はなんですか?

13日目 救急法講習

気持ちの良い朝



本日は赤十字救急法講習 の日。

救急法インストラクターから
 講義
 実践講習
 テスト
というメニューです。

子どもから大人まで、プログラムに参加する方々の
安全を守るのも我々の大切な仕事。
けがはもちろん、ヘビや虫や植物などの毒の被害にも
対処しなければなりません。

意識不明・心配停止の人への心配蘇生法は、
人形を使った訓練。
AEDの使い方もしっかり教わります。

我が班の人形 John(勝手に命名)

顔面はマスク仕様になっていて、取り外し可能です。(怖い)

みんな一生懸命人形たちに、
胸部圧迫、人口呼吸を施します。

呼吸気道の確保がなかなか難しくて苦戦しました・・・

のどにものが詰まった時を演じてくれるのは
Michael(これまた勝手に命名)

おなかを圧迫すると、白い球がぽこっとでますが
かなり力が要ります。

毛布や三角巾をつかった
応急手当や搬送も習いました。
特別なものがなくても、
できる対処はたくさんあるということがわかりました。


目の前にいる人に対して
できることがひとつずつ増えていく。
有意義な毎日です。

手作りは楽しい!

同居人の、和裁職人やご先生の指導のもとで裁縫に挑戦!

手縫いコースター


よく使うマグとの相性もばつぐん


やごちゃんはなんでもサクッと手作りしちゃう人。

拾った木の皮でコースターを編んだり、
拾ったもみの木の葉でアイピローを作ったり。
汚かった玄関も、掃除したうえでステキな空間にアレンジしてくれたり。


先日の橋かけで大工仕事に目覚めたこともあり、
お風呂に置いてあるスノコがボロボロなので、近々そのへんの廃材でスノコも作ろうかと話しています。

自分で作るってたのしい!


本日のランチは、徒歩四十分のところにあるわらぴよ食堂で有機野菜のごはん。

バリで知り合って結婚したステキなご夫婦がやっている、
可愛らしいごはん屋さんでしたー

美味しいパンあります

動物や虫が冬眠するのは知ってたけど、
こんなものまで冬眠するとは知りませんでした。


恐るべし寒冷地!


本日はパン屋さんをご紹介。
わたしの毎朝の朝ごはんのパンを買ってる清泉寮パン&ジャム工房。
寮から坂道を登ること三分ほどのところにあります。

なかなかおしゃれな外観


毎日焼きたてのパンが並びます


なぜなのかわかりませんが、どのパンも猛烈美味しいです。
良い素材を使っているのでしょう。

モッツァレラチーズや、カマンベールチーズがまるごと入ったパンや、
トマトとオリーブとチーズで上品なイタリアンのパン、
しつこくないクリームパン、
などなど美味しい♪
しかし、シンプルな食パンやミルクパンがお気に入りです~

焼きたてのパンが並ぶ中、
買うのは決まってお店奥のアウトレットセール品。
前日に焼いたパンだけど、十分美味しいのです!
観光地価格ゆえ、アウトレットは大変ありがたい。

お店のそとのデッキには、テーブルと椅子とトースターがあり、
ジャージー牛乳など注文して、
お日さまの下で美味しいパンが食べられます。


ただし、5時閉店なのでお休みの日しか買いにいけないというのが難点…

明日の朝は、初めての名物カレーパン。
むふふ♪

12日目 参加者はさまざま・・・

(昨日の分です)

ゴールデンウィークのインタープリターズキャンプに、弟が来ることになりました。
わーいわーい♪
まだ受付してるので、興味があるかたはぜひどうぞ!
大学生もいれば、60歳を過ぎているかたもいるし、夫婦や家族で参加する人も結構います。


さて、昨日は、昼と夜に大学生向けの体験プログラムをセットでやりました。
私はまだ4回目のプログラムでしたが、
こちらの体験プログラムの参加は初めての団体だったらしく
職員さんはみなさん新鮮なところが多かったようです。

前職ではマーケティングの仕事をしていたので
「ターゲッティング」
というのが仕事において命だったのですが、
それはここでも同じだな、と感じました。

たとえば、小学生の団体はとても素直だけど、
中学高校は団体によってはあまり話を聞いてくれなかったり。
また、この4月の入学直後の時期だと、
寒いから防寒対策するようにと散々言っても、
出会いの季節とあっておしゃれには余念がなく、ミニスカートにパンプスで森に入ることになる人も少なくありません。
また、学校だと比較的お互いのことを知ったグループで参加しますが
参加者同士が初対面なんていうこともあります。
さらに、雨で気温が低いと、テンションが下がってしまうことも多々。
参加者の年齢、属性、時期、天気、参加者同士の関係などによって
プログラムの内容は各レンジャーが臨機応変に組み替えます。

前職のDM制作の仕事とはちがい、
その瞬間に判断して対応しなければ後戻りできない状況。
なんともエキサイティング!

これこそが修行です。


夜は久しぶりに0度を下回り、車のドアが凍りつきました。
春よ来い。
早く来い。


特にのせる写真がないので、
寮の近所に住んでいるジャージー牛さんをどうぞ。

濃厚なミルクで、とっても美味しいアイスクリームの原料をつくってくださります。

11日目 橋かけ Before After

※昨日の日記に写真を追加しました。鹿もいますー

本日の担当業務は「橋かけ」。
トレイルにある壊れかけた橋を4人で新しいものに作り替え。
▼BEFORE

▼AFTER

橋とはいえ、森の中で季節を越すうちに
森へ帰ろうとしてボロボロになっていくんですね。

のこぎりやトンカチを使ったのは、実に10年以上ぶり!
今日は間違いなく筋肉痛です。
キープのスタッフブログにも様子がアップされてます。
★ここをクリック★
白いトレーナーがわたしですよ。

帰り道にアカマツのエビフライを大量に発見!

リスの姿もみたいな~♪


ついでにもう一つ、まつぼっくりの
▼BEFORE

▼AFTER

実はこれ、あることをすると開いたり閉じたりします。
さて、何をするのでしょう・・・わかりますか??


明日は大学生向けの昼&夜プログラムです。
長い時間のじっくりプログラムは初めてなので、楽しみです!

10日目 自然と生きてます

今朝、いつも通り靴を履いたら、なんだか大き目のゴミが入っていました。
脱いでみると…やつがいました!
カメムシです。

がーん

靴やスリッパを履くときは、絶対に中を確認しようと思います。
部屋に入ったら、じゅうたんの上を一通り確認してから歩くようにしようと思います。
タオルやティッシュを使っときは、なにかついてないか確認してから使おうと思います。
自然と生きるってこういうことなのか!?怒
友達が送別プレゼントにくれた、超おしゃれな虫除けスプレーとともにがんばります!

ホットヨガでよくかいだ、ステキな香りのスプレーです。


しかしながら、今日は自然とのラッキーな出会いもありました。
通勤中、道路脇の歩道を歩いていたら、すぐ横の林のなかにいらっしゃっるシカさんとご対面!

ツノのないメス鹿と、5mくらいというらあまりの距離の近さにお互いビックリして数秒間見つめあったのち、メス鹿さんは後方に走っていきました。
すぐ近くにいたオス鹿さんと…

ひゅ~ひゅ~見せつけてくれるぜー

ちなみに、バンビのような小さなシカではないので、リアルに大きかったです。
小さめの馬くらい。


本日は、展示ホールの整理のお手伝いや、体験プログラムのトレイルの下見や、お散歩(パン工房の余りものをいただいておやつに♪)などをして、平和な一日でした。
展示物づくりは学芸会の準備気分

お散歩では、目の前に広がる八ヶ岳最高峰の赤岳


ウグイスやフクロウの鳴き声が、春本番を知らせています。

☆ちなみに…
ウグイスという鳥、いわゆるウグイス色(きみどり色)だと思ってませんか?
だとしたら、いま想像しているその鳥は、ウグイスではなくメジロですよ!

ご案内:●○● 第40回清里インタープリターズキャンプ(入門)●○●

キープ主催の一般の方向けキャンプのご案内です。

「キャンプ」と言っても、テント泊ではなく
とってもきれいな宿泊施設で、地元野菜の自然食のご飯が付いています。
内容は「自然」というよりは、自己啓発セミナー的な要素もあり
社会人でも学生でも主婦でも楽しめて、楽しいだけではなく得るものがあるものです。

私も参加しますので、興味がある方はぜひ!

     ▼以下ご案内▼
=================================================================
●○● 第40回清里インタープリターズキャンプ(入門)●○●
  ~みつめてみよう!伝える前に伝える自分 ~
◇日 程:2012年5月3日(木・祝)14:30 ~ 5日(土)14:00
くわしくはこちらをクリック
=================================================================

9日目 フレッシュマン のち ROCK!

春の訪れを感じ始めた今日この頃、
寮で最初の宿敵が到来し始めています。

その名も「カメムシ」

暇なときは一匹ずつつぶさないように外に出す。
ちょっと忙しいときは「ごめんなさい」と思いながら捨てる。
もっと忙しいときは、見なかったことにする。


さてさて今日は、入学直後の大学1年生向けの
チームビルディング的なプログラムに参加。
昨日のナイトハイクとは打って変わって、
みんなでわいわいやりながら親睦を深めるプログラムでした。
雨だったけど、最後は自然のものをつかって
1年後の自分たちを表現するというアクティビティもやって、
木の枝や葉、松ぼっくりはもちろんのこと
道の端に残った雪や石を使ってステキな生け花を作る
大学生たちのクリエイティビティに関心。


そして夜は、ROCKで組織全体の飲み会♪
ROCKというのは、清里にいたらだれもが知っているレストラン。

清里駅にほど近い「萌木の村」という施設の中にあります。

偶然にも、萌木の村にあるホテルで、うちのだんなさんが学生時代にバイトをしたことがあるそうです。
とっても美味しく楽しい時間でした。
ROCKにくると、いつもきまって暖炉でマシュマロを焼きます。
ちびっこに混ざって・・・

ところで、清里にきてからというもの
いろいろな立場の方が大勢の前に立ってお話されるのを聞く機会がありますが
職業柄なのか、ハートが熱いからなのか、
話すのがすごく上手です。
みんな、学校のベテラン先生みたいな存在感です。
プレゼンがとっても苦手は私にはよい勉強の機会!
しっかり観察していこーっと

8日目 ナイトハイクデビュー

今日はとってもあったかかった。
清里も、気持ちの良いポカポカ陽気。
毎日職場まで歩く1,3キロの長ーい坂道も、小鳥が増えて楽しくなってきました。
0410

本日は、某中学校のナイトハイクプログラムに補佐として参加。
夜の真っ暗な森を、明りを持たず
足裏の感覚を頼りに歩き、
目、耳、鼻、触覚を使いながら森を楽しみます。

このプログラムのテーマは“コミュニケーション”。

ひとつは、相互コミュニケーション。
中学入学したての子たちが、お互いに足元を気遣いながら歩くことで
相互のコミュニケーションをとり、
互いの関係性を深める。
そしてもうひとつは、自分自身とのコミュニケーション。
クラス活動が多い合宿の中でも、
森の広場にシートを広げて寝転がり、
5分の沈黙で自分自身と見つめ合います。

インタープリターは、しっとりと静かな口調で話し、
参加者の気持ちをゆったりとさせます。

時期、季節、目的などによってプログラムの内容や雰囲気によって
実施するアクティビティを変える。
そして、参加者の状況によって臨機応変に展開を変える。
うーむ、なかなかレベルの高い技です。
勉強勉強。

【本日読み終わった本】
インタープリテーション入門

平和な休日の巻

今日はおやすみ。
同居人のやごちゃんの実家がすぐそばなので、車を出してもらいドライブしました。

朝車で寮の前を走っていると、黒いかたまりがぴょこぴょこはねていました…

むむむ、これはまさか…

うさぎー!!
まさかこんなところで野うさぎに会えるとは。
しかし、妙に綺麗な毛並み、人が近づいても逃げない様子、おかしいなーと思っていたら
「それうちのですー!」
とカゴを持ったかたが走ってきました。あと一匹まだ逃げてるそうです。
お天気で、めずらしくあったかかったので、うさぎもにげたくなったんですね。

今日は美味しいランチを食べて、八ヶ岳アウトレットに行ってきました。

ランチは地元で人気らしいカフェピアニッシモにて。

エビフライではなく人参フライ、
カキフライではなく車麩のフライ、
デザートゼリーではなくトマトのスープ、
お肉一切なしの超ヘルシーごはんなのに食べ応えしっかり。
また食べに来よっと♪

夕方やごちゃんのおたくへおじゃまして、ネコのくーちゃんとご対面。
雑種らしいのですが、なんとも美人なネコ


今夜は、屋久島出身の実習生やっくんから寝袋をかりました。
ふとん、ダウンコート、寝袋のトリプル戦法で寒さに勝つ!

7日目 たんぼの学校 池を修復

昨日の分です。

昨日は再びマイナス十度ほどの寒さで、歯ブラシやスポンジが凍りました。

さてさて今日は、ワクワクしながら新調したHUNTERのレインブーツでお出かけ。

地域貢献事業のひとつとしてやっている「たんぼの学校」プログラムの拠点で、水田のすぐ横にある水族園とよばれる池で作業です。

こちらの池、 子供たちが生き物を観察するためのものなのですが、もぐらが穴をあけてしまったために、水がもれて干からびてしまったそうです。
タニシの死骸がたくさん…
というわけで、みんなで穴を埋めたり草をとったりして、池に水をいれて復活させました!
来月のカエルっ子クラブの日までに生き物が住み着いてくれますように。

帰りは近くの神社でやってる春祭りに参加。
お神楽のおじさまたちかっこいい!

6日目 八ヶ岳の自然と歴史を学ぶ という題目の…

北杜市観光遠足の一日。
実習担当のお兄さん&実習生四人&私(研修生)の六人で、車で市内をくるくる回りました。

今は一日の来訪者が十人くらいの八ヶ岳自然ふれあいセンターですが、ゴールデンウイークから夏休みには一日何千人もの観光客がくるそうです。
わたしたちは、プログラムの参加もあればカウンター業務もあり、お客さまに八ヶ岳観光について聞かれたら答えるのも仕事。
清里で働くものとして知っておかないといけないことがたくさんあります!

美し森、獅子岩と呼ばれる火山岩、野辺山のJR最高地点、吐竜の滝、おいしい学校、八ヶ岳自然倶楽部、などなどを回りました。

おいしい学校というところには、明治、大正、昭和の三時代に建てられた古い小学校校舎があり、お店や展示、そば打ちなどの体験プログラムもあります。
古い小学校の教室で、勝手に模擬授業↓

校庭には立派な桜が並んでいるので、桜が咲く頃にまた来たいなー

八ヶ岳倶楽部は、柳生博さんがやっているお店&レストラン&お庭。
「たまに柳生さん本人に会えるんだよー」なんて言われながら入ったら、本当に柳生さんに会えました(笑)クイズ番組でよく見た顔!
さすが日本野鳥の会会長がプロデュースしたお庭だけあって、かわいい鳥のさえずりをたくさん聞けました。
コガラ、セキレイ、ミソサザイなど…最近覚えた野鳥たちは、鳴き声でわかるようになってきました!

最後は小さいショッピングモールに連れて行ってもらいました。
待望のスーパーマーケット!
待望の本屋さん!
ずっと買えなかった野菜を買って、満足して帰りましたとさ。

医師宅改造計画

本日は初のお休み、医師宅改造計画を実行する日です。

こちらには、職員、実習生&研修生、アルバイトなどが滞在する寮がたくさんあります。
私がいるのは「医師宅」と呼ばれる寮で、60年前に僻地医療のためにやってきたお医者さんが住むために建てられた木造建築。
まさに、歴史的建造物です。
ホーンテッドマンションよりだいぶ怖いです。
でも、寮の中には馬小屋や牛舎を改築したものが結構あるらしく、「ここの寮の中では人が住むために建てられた数少ない建物なんだから、贅沢だよ!」と言われました。

しかしながら、あまりの古さ、しかも二年前まで人が住んでいなかっただけあって、穴だらけで汚くて不便なところが多い…
そこで、2人の同居人かつ実習生である、北海道は羅臼出身のわくちゃんと、元和装職人のやごちゃんと、医師宅改造計画を実行しました。

掃除機かけまくり、ぞうきんかけまくり、風邪が吹いてくる謎の暖炉をダンボールとプチプチでふさぎ、リビングはストーブ付近に生活動線を移動。
さらーに、わくちゃんが下界へ出かけたついでにおふろマットを買ってきてくれたので、古臭いスノコに直乗りせずにお風呂入れるようになりました。
いろいろ改善されまくり、感動で涙がでそうです。

ちなみにこの家、梅雨に入るとカビがすごくて、部屋はオームの群れが住む樹海となるらしいです。
ナウシカの世界です。
革製品をはじめ、大事なものは実家に避難するよう、先人たちから教えられました。
もちろん、現代の建築ではこんなことは起こりません。

医師宅改造計画の続きは、次回のお休みに持ち越しでーす。

本日のランチは、敷地内のファームショップの冬季限定 えびMISOラーメン です。
美味しくて、最後の一滴まで平らげました。


明日は終日氷点下の予報…

5日目 これがインタープリテーション!?

本日も雪ですが、でも大分あったかくなってきた気が♪

今日は、某病院の新人さん団体向けの「森のツアー」に参加者として参加。
初めて、環境教育のメッカであるこの組織のインタープリテーションというものを目の当たりにしました。

ちなみにインタープリターとは、直訳だとたしか「通訳」という意味。
自然のことを一般の人に分かりやすく伝える仕事のことをこう呼びます。

体験した感想は…なんだか魔法にかけられたみたい!
「冬の森なんて枯れて葉っぱの落ちた木が並んでいるだけ。」くらいに思っていたのですが、動物の痕跡や冬の植物を見たり、東京から遅れた春の訪れを感じたり、目を閉じて五感を使って周りの世界を感じるうちに、参加者みんなにとって、森の見え方感じ方が変わって行くのをリアルに目の当たりにしました。
教えるのではなく、興味のある入り口からどんどんと自然の面白さに引き込んでいくその技。
これがまさに、私がここにきて学びたいと思っていたことです。
私の場合は自然の分野にこだわらずに!と思ってはいるのですが、こどもたちに色んなことを体験しながら学ぶ機会を作りたいと思っているので、ここに来れたことは本当に正解だったー!

半年の清里生活がんばるぞっ

そんな私の生活を支えてくれるアウトドアグッズその一。
SUUNTOの腕時計。

だんなさんにいただきました。
毎日愛用してまーす

そうそう、今日はラッキーなことに、百歳を超えてまだまだ元気なお医者さまの日野春先生の公演を聞くことができました。
百歳を過ぎてもなお、一時間立ちっぱなしでハキハキ講義するとは、もはや超人…

明日ははじめてのお休みです。

4日目 トレイル巡回

昨夜は雨混じりの嵐だった!という方が多いかと思いますが、清里は吹雪でした。
朝は一面うっすら雪化粧。
でも、朝礼でのM部長のひと言は春の訪れが近いことを教えてくれます。
「南高梅の開花が標高1000mを超えましたね。」
標高1500m近いこの地にも、早く春がきてほしい…

今日もイベント目白押しでしたが、唯一の外歩きはトレイル巡回。
雪がほとんどなくなってきたので、スノーシューでのトレイルコースについている看板を回収し、そのついでに倒れ木や折れそうな枝を取り除いてお客さんが安全に散策できるようにします。
自然の道には折れた木や枝がたーーくさん落ちています。
でも、いままで住んでいたところでは、落ち葉や落ちた枝なんてあまり目にしなかった。
都会の自然はいかにお掃除がゆきとどいているのかを実感しました。
つまりは、都会にいると、ありのままの自然の姿を見ることがないということ。
落ちた枝が土に帰る途中、緑青色になるのはとても美しいし、自然に生えている木にはたくさん鳥が遊びにきます。
都会にいるってもったいない!


今日はオマケに職場をご紹介↓

八ヶ岳自然ふれあいセンターです。
私が研修でお世話になっている部署は、このセンターの運営は小さな業務のひとつ。
メインは、学校や企業からの委託をうけたり、自然体験プログラムなどを実施すること。一般の方向けに主催してるプログラムもたくさんあります。
早く修行を積んで、プログラムの企画やインタープリターできるようにがんばります!!

3日目 公益をかんがえる

昨日は疲れて寝てしまったので、昨日の分です。

この日はひたすら会議の1日。
しかも年度頭ということもあり、かなり重めの会議です。
こういうところにきても、会社生活みたいな一日もあるんだなーと驚きました。

しかし、話し合いを聞いていると、これまでの会社とは文化が違うことをひしひしと実感。
こちらは「公益財団法人」になった(この3月までは財団法人だった)ということもあり、
通常の民間企業は会社の売上と利益を見るのに対し、
「社会に対して、公共に対して利益になることをやる」
「お金だけには現れないもきちんと追求していこう」
というスタンスです。

これを聞いていて
「でも、もっと宣伝を沢山して一般のお客さんも呼べばいいのに」
と思ってしまうのは、
これまでのマーケティング営業職の名残でしょうか。
自分の考え方、組織の考え方のすり合わせは
これからじっくりやっていきたいと思います。


この日の夜はレストランへ!
激ウマスイーツ~

手で割るマカダミアナッツははじめて

久しぶりの下界、久しぶりのコンビニ!!
やっぱり文明も大事~

2日目

昨夜はダウンコートを着て寝たら、ぐっすり眠れました。ほっ

今朝の通勤中、昨日の霜柱が成長してカールしてるのを発見!

職場での朝の会話は、
「うちのまわりにツバメが飛んできたよ!」
「そろそろ鹿のツノが落ち始める時期ですね」
…季節の移り変わりを感じるというのはなんとも自然な生き方です。

今日の午前は敷地内の各施設にあいさつ回り、午後は近くのトレイルをトレッキング。
ひろーい敷地と、雪交じりの軽い登山道を、合わせてたぶん十キロ弱歩きました。
寮のご近所の牛さん、馬さん、ダチョウさんにもごあいさつ。
野生の鹿にもごあいさつ。
アカヤマガエルの卵やハコネサンショウウオにもごあいさつ。

今日はたーくさんのことを学んだけど、いちばんのオドロキはエビフライ。
リスがかじったあとの松ぼっくりのことです。
茎の根元だけのこしてきれーに食べるので、のこった根元がエビフライのしっぽみたいな感じ。


あと、こちらの名物ジャージー乳のソフトクリームを食べました。
ソフトクリームにはうるさい私だけど、これは美味しかった!
いままで食べたことのないかんじの味


今日は身体をしっかり休めて、明日もがんばるぞ~

研修スタート

わかったこと。
部屋は薄い窓一枚でカーテンは幅が全く足りず、寝ている時室温はゼロ度もないこと。
寒すぎて夜灯油ストーブを炊こうとしても、窓が凍って開かないから換気ができないこと。
知らないうちに手首に謎の虫刺されがあること。
ポケット非対応エリアではスマートフォンに死ぬほど感謝なこと。

通勤の道は坂道をずっと登る15分。
坂の途中に、なんとも見事な五センチほどの霜柱がありました。


今日は組織についての勉強や施設の見学など。
とにかく勉強することが多そう。
外で作業をしてたら、なんとも綺麗な富士山が見えました。


さて、今夜はダウンコートを着て寝てみます。
プロフィール

chakurabee

Author:chakurabee
けいこさん

東京でのサラリーウーマン生活、そして山梨&長野での山修行を終えて、夫の転勤で2年ごとに引っ越す生活。今は小田原で産まれたての娘の育児に奮闘中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR